犬の食べ物・ブルーベリーは白内障と老化のお守りに食べたいワン

犬の目にも良いって本当!?ブルーベリーで若々しさゲット

 テレビや広告などの影響で、ブルーベリーといえば、「目にいい」果物のイメージが定着していますよね。犬は、本来、視力が悪い動物。もし、ブルーベリーに害がないとして、犬に与えたら、視力がよくなるのかしら?

 

ブルーベリーの栄養成分

 

というわけで、ブルーベリーの可食部100g中含まれる栄養素を見て確かめてみましょう。

 

エネルギーが49kcal
水分が86.4g
タンパク質が0.5g
脂質が0.1g
炭水化物が12.9g
食物繊維が3.3g
カロテンが55μg
ビタミンEが1.7mg
ビタミンCが9mg
葉酸が12μg

 

ブルーベリーのここが凄い!

 

ブルーベリーの凄いところは、抗酸化作用のあるβ-カロテンビタミンEビタミンC全て含んでいることです。

抗酸化作用があると、体内の活性酸素を減らし、老化を防止してくれます。

 

残念!アントシアニンは犬の視力には関係なし

一般に、ブルーベリーの中のアントシアニンが、目の疲労、回復を助け、視力の低下防止や向上を促すと言われています。

 

しかし、残念ながら、犬の目には、アントシアニンの視力回復効力を発揮しないということです。
なるほど、神様は、不公平なく、犬によい視力を与えない代わりに、よい鼻と耳を与えたのですね。

 

犬の白内障にブルーベリーサプリって効果あるの?

ただし、犬の白内障のためにブルーベリーそのものやサプリメントを与えている飼い主さんも多くいらっしゃいます。

 

犬が白内障になると瞳の虹彩が白っぽく変色し、物が見えにくくなって歩くときに様々なものにぶつかりやすくなり危険です。
体の老化ともあいまって、落下などの事故にあう確率も高くなってしまうので、シニア犬の飼い主さんの悩み事の一つなのです。

 

白内障の原因の多くは、加齢とともに水晶体が白く変色する事が起こります。
つまり水晶体の老化ですね。

 

老化を防ぐ為には、細胞を傷つける活性酸素という物質を除去して、それ以上細胞にダメージを与えないことが大切なのです。

 

ブルーベリーに含まれるアントシアニンには、この体や目の老化を防いでくれる抗酸化物質がたっぷり含まれています。

 

ただしどちらかというと「予防」や「老化を遅らせる為」として、まだ犬が5歳くらいの若いうちから、ブルーベリーのサプリメントを与えるような感じで考えておくといいですね。

 

ブルーベリーの注意点

 

ブルーベリーを与えるときにも注意点があります。

ブルーベリーやラズベリーなどのベリー類は、与えすぎると軟便や下痢を引き起こす可能性があります。

ですから、一日に与えてもいい量は、中型犬で15g以下、つまり、3粒程度となります。奇麗に水洗いをし、皮はつけたままで与えてあげてください。

 

結論…ブルーベリーは?

 「ブルーベリーは、一日3粒までなら犬に与えてよい。視力は良くならないが白内障をはじめとした老化の予防として与えるのは有効」といえます。

スポンサードリンク

 

関連ページ

ココに注意!果物をあげる時
果物はビタミンが豊富で甘くジューシー、大好きだという愛犬も多 いですよね。ところがすべての果物が犬にとって無害であるわけで はありません。犬にとって危険な果物とは!?
柿の持つ錆びないビタミンとは?
秋のお散歩中に犬が柿の実に興味を示すことありませんか?甘くノスタルジックな柿には実は意外なあの栄養がたっぷり含まれています。犬と一緒に飼い主さんも健康になれちゃう柿の栄養についてはココでチェック♪
イチゴが好きなワンコは多いのです
犬の食べ物 イチゴについて。ビタミンCが豊富に含まれていているイチゴ。ビタミンCは犬にとっても有効な栄養素なので、犬の食べ物として良いように見えますよね。本当はどうなのでしょうか?ここでチェック!
かわいいさくらんぼが危険!?
かわいいさくらんぼは犬の食べ物としてオススメ…出来ないのです。実はある部位を多量にあげてしまう事で、愛犬を死に至らせてしまう可能性が!ここでは犬の食べ物・さくらんぼをレポートしています。
桃をあげるときのポイントとは?
「桃は、犬に与えてはいけないと聞いたのですが、本当ですか?」私もこれは聞いたことがあるのですがどうなのでしょうか?実は犬には桃のある部分はあげてはいけないのです!詳しくはこちらで!
メロンと犬の気持ち♪
「実家から、メロンが送られてきました。愛犬に与えたら、ペロリと食べてしまいました。でも、メロンって与えていい食べ物だったのかしら?」そんなセレブな疑問にも、犬の食べ物ナビがすっきりお答えしちゃいます♪
犬もリンゴダイエット
最近、肥満で悩む犬が増えています。ダイエット中のうちのワンコに、獣医さんが、「少量ならリンゴを与えてもいいです。」と言いましたがその理由はどのようなものでしょうか?ここでは犬の食べ物・リンゴについて分りやすく解説しています♪
みかんのビタミンCって…
みかんといえば、ビタミンCが豊富な代表の食べ物というのが、わたしたちの一般論。では犬の食べ物にみかんはぴったりなのでしょうか?ここではみかんの栄養を解説!みかんは犬にあげるときの注意点も詳しく説明しています。
マンゴーのココがすごい
犬の食べ物・マンゴーについて。犬親バカなわたしは夏バテしている愛犬をみると、高級でも与えたくなるのがマンゴーです。あの鮮やかなオレンジ色が元気にしてくれそうなマンゴーを犬にあげた時に期待できる健康効果についてレポしています♪
舌ビリビリ!パインのパワー
犬の食べ物・パイナップルについて。多くのワンコはパイナップルを食べると舌に刺激を感じるのか苦手なようです。ところがパイナップルには犬の食べ物にふさわしいこんなにいい性質があるのです。ここではパイナップルと犬についてレポートしています。
夏休みの果物すいか
犬の食べ物・すいかについて。スイカは初夏から晩夏にかけてスーパーにも多く出回る夏のフルーツの代表選手。キャンプや海水浴に、愛犬も一緒に行きます!なんてときに、もし一緒にすいかを食べることが出来たら楽しみも倍増しそうですね。ここではそんな飼い主さん必見!のスイカを犬にあげてもいいかについて解説しています。
梨が大好きなワンコ多し!
梨はほとんどが水分ですし、犬にも大好きな子が多いフルーツです。せっかく食べ物としてあげるのならば、犬にとってどのような栄養素や健康効果があるのか確かめてみましょう。ここでは犬の食べ物・梨についてレポートしています。
いま危険フルーツと言えばブドウ!
犬の食べ物・ブドウの危険性について。ブドウは犬に与えてはいけない食べ物のひとつです。これは、干したブドウ、ワイン、ジャムも含みます。ここでは犬の食べ物の中でネギ類につぐあげてはいけない食材・ブドウについてレポートしています。
バナナを食べてモリモリ元気に
「バナナを与えるとお通じがよくなると聞いたので、愛犬に食べさせようと思うのですが、犬にバナナを与えていいのですか?」。そうですね、場何位は他にもここでご紹介している働きが期待出来ますよ♪犬とバナナ、食べ物についてはココで!

Top 犬にあげたい野菜 犬も大好きなフルーツ 豆・大豆・ナッツ 犬と食べ物トリビア☆