犬の食べ物・カボチャはアンチエイジングな美味しいお野菜だワン

カボチャは犬に与えていいの?ワンコも大好きホックリお野菜です

カボチャは、生では固いので、犬に与えるのなら、加熱したものを与えることになるのでしょうけれど、カボチャを犬に与えても害がないかどうか、カボチャの栄養素をチェックしてみましょう。

 

カボチャの栄養成分

 

エネルギーが91kcal
水分が76.2g
タンパク質が1.9g
脂質が0.3g
炭水化物が20.6g
食物繊維が3.5g
カロテンが4000μg
ビタミンEが5.1mg
ビタミンKが25μg
ビタミンCが43mg
カリウムが450mg
カルシウムが15mg
マグネシウムが25mg
リンが43mg
鉄が0.5mg

※西洋カボチャ(栗カボチャ)可食部100gの成分中に含まれる栄養素

 

カボチャは凄い!

 

カボチャに含まれているβ-カロテンの量が凄いです!

β-カロテンは、犬の体内で、必要に応じてビタミンAに変換され、粘膜や皮膚の健康維持や、喉や肺など呼吸器系統を守る働きのほか、抗発ガン作用や免疫力を高めてくれるなど、たくさんの効力を持つ優秀な栄養素です。

ビタミンが凄い!


β-カロテン、ビタミンE、ビタミンC、は抗酸化ビタミン、つまりアンチエイジング効果のあるビタミン達です。カボチャの栄養素をみると、これらが豊富なのが分かります。

食物繊維が豊富!


便秘の予防や改善に効果的です。

 

カボチャをあげるときの注意点とは?

 

気をつけなくてはいけない点ですが、種をそのまま与えたり、カボチャを主食にしたりというのはNGです。

種は消化に悪く腸に詰まる可能性がありますし、カボチャを主食にするのはカロリーも嗜好性も高いので、肥満の原因になってしまいます。

 

結論…カボチャは?

 

「カボチャは栄養の宝庫!茹でて、食べやすいよう小さくして、犬に与えてください!」ということができます。

スポンサードリンク

 

関連ページ

犬も大好き!野菜について
犬に野菜をあげたい飼い主さんの多くは「健康に長生きして欲しい」 と強く願っています。ところが犬の食べ物として有害な野菜もあるの で注意が必要です。犬に野菜を与えるときの注意点とは?
天然サプリメント・トマト
トマトは人の体にもとても良い野菜ですが、犬にとっても同じ効果が期待できる食べ物です。βカロチンやビタミンC・Eを一緒に食べることが出来るトマトを犬と一緒に食べて健康になりましょう!犬にトマトをあげるときの注意点についてレポートしました。
シャキシャキレタスが好きだワン
犬の食べ物でレタスはあげてもいいの?実はレタスには夏に心配なあの症状を予防する効果があるってご存じですか。ここでは犬と飼い主さんが一緒に楽しめる食べ物の中からみずみずしいあの野菜についてレポートします。
水分たっぷり!キュウリ
夏だけでなく1年中ポピュラーな野菜・キュウリ。実はキュウリって犬の食べ物としてとても良い点があります。ここではキュウリのどんな点が犬にとっていいのかをレポートしています♪
長いもをあげてイイ派?ダメ派?
長芋といえばとても美味しい食べ物ですが、皮を剥いたときに手がかゆくなることから、犬のアレルギーを起こしてしまうという意見があります。実際は、どうなのでしょう?ここでは長いも賛成派・反対派の意見を比較しながらレポートしています。
セロリでシャキシャキ元気に!
犬の食べ物・セロリってあげてもいいの?セロリの香りにはイライラを鎮め精神を安定させる効果があるといわれています。そして犬に増えているガンの抑制やアスリート犬にピッタリの成分も!セロリを犬にあげたい人は必見です!
キャベツで甲状腺腫瘍が!?
キャベツは、お通じにいいイメージがあります。でも犬に与えていい食べ物かどうかきちんと調べたことはあるでしょうか?ここでは犬の食べ物としてキャベツが危険!?というウワサをリサ―チしてみました。
甘〜いさつまいもにメロメロ♪
サツマイモを加熱すると、甘くホクホクとした食感と味わいになり、大好きだという犬も多いのではないでしょうか?ここでは犬の食べ物としてメリットの多いサツマイモについてまとめてみました。デメリットも解説します。
じゃがいも好きの犬は多いのですが…
犬はジャガイモをはじめ芋類が大好き!特にふかす・ゆでる・焼く・どれでも美味しく食べられるじゃがいもには、とっても良い栄養素がたっぷり入っています。ところが命に係わる危険性もあり注意が必要です。ここで詳しく解説しています。
とうもろこしをあげること
トウモロコシは食べないワンコが多く、進んで与えている飼い主さんは、少ないかと思われます。でも犬にとって良い栄養素が含まれているならば与えてみたいと思いませんか?ここでは犬の食べ物・とうもろこしについて解説しています。
ピーマンにはちょっと毒性がある!?
ピーマンは青くさいので犬には不人気!でも良い栄養がいっぱい詰まった食材です。ただし犬のタイプによっては危険な食材なので注意しましょう!ここではそんな両刃の野菜・ピーマンを犬に与えるときの注意点について解説します。
ブロッコリーの犬得栄養素とは?
ビタミンCも豊富そうだし、茹でたブロッコリーなら、好きなワンちゃんも多いのではないでしょうか?ただし、これはあくまでわたしの意見。そこでいろいろ調べてみました。犬の食べ物・ブロッコリーについて♪
ほうれんそうと犬の注意点
ほうれんそうは、小松菜などに比べると、「アク」が強いイメージですね。実際にほうれんそうのアクにはシュウ酸という物質が含まれていて、これが犬の健康被害と深い関係があるので注意が必要です。犬の食べ物・ほうれんそうについて解説!
ひょろっともやしにはパワーがいっぱい
もやしをうちの愛犬にあげてみたところ、お通じがとても良くなって驚きました。ところでもやしには犬の体に嬉しい栄養素がたくさん入っているって知っていましたか?でも与え方で栄養が損なわれる事もあるんです。犬の食べ物もやしをナビします。
冬のワンコにピッタリの小松菜
冬になると青々としてみずみずしい小松菜が店頭に並び始めますね。栄養価が高い小松菜を犬の食べ物として与えてみませんか?ここでは小松菜の素晴らしい栄養のご紹介と、あげるときの注意点をご紹介しています。
バジルの香りに癒されたいワン
「ベランダで育てているバジルがもぎ取られてる!?犯人はどうやら愛犬!バジルって犬が食べていいものなのかが、心配になりました。」バジルには様々な作用がありますがそれが犬にとっていいかわかりませんよね。ここでは犬の食べ物・バジルをレポします!
血液サラサラの大根効果
大根って葉も食べられるし、ヘルシーで、免疫力を高めるのにもいい食べ物のイメージがあります。ところで、犬にとっては、いい食べ物なのでしょうか?実はとても良い働きをしてくれる野菜なんです!詳しくはココでチェックしてね♪
ゴーヤの夏バテ予防力!
犬に苦いゴーヤ(にがうり)をあげてもいいの?にズバリお答え!実はゴーヤには、犬にとってワンとも嬉しい栄養がたっぷり含まれています。ただしあげすぎるとこんなデメリットも…ゴーヤをワンコと楽しみたい方は必見のページです!!

Top 犬にあげたい野菜 犬も大好きなフルーツ 豆・大豆・ナッツ 犬と食べ物トリビア☆