犬にとってもヘルシーな食べ物・豆の健康効果とは?

豆をあげるなら“生”はダメ!犬の食べ物としていい与え方とは?

豆は犬に与えていいの?

 豆といっても、いろいろな種類があると思うのですが、少なくとも、生だとどれも、消化によくないイメージです。豆は、犬にとって与えていい食べ物なのでしょうか?

 

豆類は植物性のタンパク質が豊富で、低カロリーなので、犬に与えてもよいのですが、生はもちろん、豆を煮たくらいでも、まだまだ犬の消化にはよくなりません。
また、粒の大きな豆だと、のどや食道に詰まる危険性があるものや、大量摂取で、中毒症状を起こす可能性のある豆類もあり、注意が必要です。

 

注意したい豆とは?

 

×大豆などの生の豆類

 

生の豆類は、消化不良をはじめ、下痢、嘔吐、呼吸困難、運動失調、鼓脹症になる危険性があるため、与えてはいけない食べ物であると、断言している専門家もいます。

△大豆、えんどう豆、隠元豆

 

 消化不良による下痢、嘔吐の症状、あるいは、この大きさの豆類は、のどに詰まらせる危険性があります。また、隠元豆(インゲン)は、大量に与えると中毒症状を起こすことがあります。

(正しい与え方)少量をゆでて細かく刻む

 

△枝豆

 

 大豆の未熟果である枝豆は、ビタミンB1が、スタミナ不足解消に役立ってくれるほか、塩分の排出を助けるカリウムなどが豊富です。
 ただし、食物繊維が豊富なため、犬に大量に与えると軟便や下痢を引き起こしてしまうため、注意が必要です。

(正しい与え方)茹でて薄皮を取り除いたものを、2、3粒程度

 

生の豆を与えるくらいなら加工品を与えたほうがいい!

 

 同じ豆を与えるのであれば、おから、納豆、豆腐などの加工品を犬に与えるほうが、ずっと安全で安心なのです!なぜなら、これらの加工品には、豆のときにはなかった栄養素が出てくるからです。
「豆は、茹でて刻んだものを少量、犬に与える。おから、納豆、豆腐などの加工品のほうがおすすめ。」といえます。

スポンサードリンク

 

関連ページ

大豆のメリットデメリット
「大豆は、犬に与えてもいいのでしょうか?大豆は犬にとって有害だと聞いたことがあります。」実は大豆の栄養素には良い点もいっぱいあるのですが、注意しないと深刻な健康被害を招くこともあります。犬の食べ物・大豆についてレポートしています。
ヘルシー食材豆腐の効果とは?
豆腐を使った犬のごはんレシピは、よく見かけます。カロリーも低そうだし、栄養も満点な豆腐。おまけに、柔らかいので、のどに詰まる心配もないでしょう。こんな豆腐ですが、本当に、犬に与えてもいい食べ物なのでしょうか?そんな疑問にお答えします!
ねばねば納豆は結構人気!
犬の食べ物・納豆について。納豆はサプリメントもあるほど栄養価に富み、多くの専門家も犬の食べ物として奨励している食べ物です。その素晴らしいパワーをご紹介しますただし、犬にある症状が見られたら注意が必要です。
枝豆をあげるときには…
犬の食べ物・枝豆。「枝豆を犬に与えても大丈夫ですか?」あら、なんだか愛犬と晩酌する絵が浮かびましたが(笑)果たして枝豆って犬にあげても良いのでしょうか?ここではそんな疑問に栄養面・アレルギーの危険性などからお答えしています。
ヘルシーなおからの注意点
犬の食べ物としておからはあげてもいいのでしょうか?おからには豊富な食物繊維と大豆の栄養素が含まれていて、ヘルシーな食材です。しかし、与えるときにはこんな注意が必要なのです!ここではおからと犬の食べ物についてまとめています。
ナッツは飼い主に不人気NO.1
ナッツには犬にとって良い栄養素が含まれているのでしょうか?実は愛犬家の多くは、あえて犬に食べ物としてナッツやナッツ類を与えたくないと考えています。それはどうしてなのでしょうか?詳しくはココでチェック!
栗は犬も好きだけど…
犬の食べ物・栗について。秋になると栗のシーズン、ほっくり甘くて犬も大好きな栗は、あげても良い食べ物なのでしょうか?実は栗をあげるときに注意しないといけないポイントがいくつかあります。犬も大好き!な栗をあげるときの注意点にとは?

Top 犬にあげたい野菜 犬も大好きなフルーツ 豆・大豆・ナッツ 犬と食べ物トリビア☆