犬にナッツはあげても良いの?危険性が高い食べ物って本当!?

犬の食べ物・ナッツやナッツ類はどうよ?詳しく解説します!

ナッツといっても、いろんな種類のナッツがありますよね?個人的には、ナッツは、すべて犬に与えてはいけない食べ物だと思うのですが、中には、犬にとって、栄養価の高いナッツがあったりするのでしょうか?

 

絶対与えてはいけないナッツ一覧!

 

× マカデミアナッツ

 

 マカデミアナッツは、絶対禁止の食べ物です。原因は、よくわかっていないようですが、犬が中毒症状を起こす典型的な食べ物なので、覚えておいてください。
なんといっても「マカダミアナッツ中毒」という病名があるほどです。

× ピーナッツ

 

 高カロリーで油分が多く、消化もよくないため犬にはおすすめできない食べ物。また、マグネシウムも多いので結石を引き起こす危険性があります。

× くるみ

 

 リンを多く含んでいるので尿石の元になることもあります。

× アーモンド

 

 「アーモンドは、丸呑みすると、特に小型犬だと腸に詰まってしまい、腸閉塞などになりやすいため、そのまま与えず、砕いて与えるように。」といわれる獣医さんがいました。しかし、決して奨励しているわけではありません。
 わたし自身も、アーモンドは、消化不良や貧血になりやすい食べ物と聞いていますので、あえて与える必要はないと思っています。

× カカオ系のナッツ

チョコレート中毒でもおなじみ、カカオ系のナッツ類は決して与えてはいけません。
カカオに含まれるテオブロミンは、強い中毒を犬にもたらしててんかん様のけいれんやひきつけを起こしてしまいます。

 

トピックス!ナッツ類に味付けされた塩分   

 

 ナッツ類は、塩で味付けされていることが多いですが、塩分の必要量は、犬と人間ではどのくらい違うのでしょうか?

 

 一般に、犬は人間の約1/3の塩分しか必要としません。なぜなら、人間は汗をかくことで塩分を調節しますが、犬は汗をほとんどかかないため、塩分を過剰に摂ると体内に蓄積し、腎臓などに大きな負担がかかるからです。

 

結論…ナッツは?

 

ナッツ類全般、与えないほうがいいと言えるでしょう。
もちろん栄養面で犬にとって有用なものもありますが、それを差し引いてもデメリットが多い食材です。

 

愛犬家の私が個人的には、あえて与えたくないのがナッツ類ですね。

スポンサードリンク

 

関連ページ

どんな豆をどのようにあげたらいいの?
豆は犬にあげても良いの?生だと消化によくないイメージの豆ですが、犬に与えるときのポイントとはどのようなものなのでしょうか?ここではどんな種類の豆に注意が必要か、豆で健康被害があるとしたら、どのようなものかをまとめてレポートしています。
大豆のメリットデメリット
「大豆は、犬に与えてもいいのでしょうか?大豆は犬にとって有害だと聞いたことがあります。」実は大豆の栄養素には良い点もいっぱいあるのですが、注意しないと深刻な健康被害を招くこともあります。犬の食べ物・大豆についてレポートしています。
ヘルシー食材豆腐の効果とは?
豆腐を使った犬のごはんレシピは、よく見かけます。カロリーも低そうだし、栄養も満点な豆腐。おまけに、柔らかいので、のどに詰まる心配もないでしょう。こんな豆腐ですが、本当に、犬に与えてもいい食べ物なのでしょうか?そんな疑問にお答えします!
ねばねば納豆は結構人気!
犬の食べ物・納豆について。納豆はサプリメントもあるほど栄養価に富み、多くの専門家も犬の食べ物として奨励している食べ物です。その素晴らしいパワーをご紹介しますただし、犬にある症状が見られたら注意が必要です。
枝豆をあげるときには…
犬の食べ物・枝豆。「枝豆を犬に与えても大丈夫ですか?」あら、なんだか愛犬と晩酌する絵が浮かびましたが(笑)果たして枝豆って犬にあげても良いのでしょうか?ここではそんな疑問に栄養面・アレルギーの危険性などからお答えしています。
ヘルシーなおからの注意点
犬の食べ物としておからはあげてもいいのでしょうか?おからには豊富な食物繊維と大豆の栄養素が含まれていて、ヘルシーな食材です。しかし、与えるときにはこんな注意が必要なのです!ここではおからと犬の食べ物についてまとめています。
栗は犬も好きだけど…
犬の食べ物・栗について。秋になると栗のシーズン、ほっくり甘くて犬も大好きな栗は、あげても良い食べ物なのでしょうか?実は栗をあげるときに注意しないといけないポイントがいくつかあります。犬も大好き!な栗をあげるときの注意点にとは?

Top 犬にあげたい野菜 犬も大好きなフルーツ 豆・大豆・ナッツ 犬と食べ物トリビア☆